2006年12月30日

朝日新聞 「日中歴史共同研究は実証主義で行け」

 日中双方の歴史認識にある溝を埋めたい。そんな狙いで、両国の専門家による歴史共同研究が動き出した。

 大学教授や研究者ら10人ずつの委員が参加し、初会合が北京で開かれた。「近現代」と「古代・中近世」の二つの分科会で研究を進め、08年に成果をまとめる予定だ。

 この共同研究は今年10月、訪中した安倍首相が胡錦涛主席との間で年内スタートに合意した。小泉前首相の靖国神社参拝で極端に悪化してしまった日中関係を修復するため、「歴史の問題は専門家に委ねよう」という発想だ。

 日本側座長の北岡伸一東大教授は「政治が本来の課題に集中できるよう、一助になれば幸いだ」と話している。建設的な成果が生まれるよう期待する。

 両国の間でとりわけ認識が対立するのは、日本の侵略戦争をめぐる歴史だ。例えば南京大虐殺について、中国側は犠牲者の数を「30万人」とし、日本軍による残虐行為の象徴的な事件と見る。だが、日本側には20万人説や数万人説などさまざまな見方がある。

 事実を誇張して日本批判に政治利用しているのではないか、といった反発が日本でくすぶり続ける。一方で中国では、日本の責任逃れは許さない、歴史を直視せよと批判が盛り上がる。

 日中戦争全体の犠牲者数や盧溝橋事件の原因、従軍慰安婦問題などをめぐる対立でも、同じような不信の構図がある。

 こうした相互不信を少しでも取り除くため、もとになる歴史的な事実を専門家同士で確認していこうというわけだ。

 もとより容易な作業ではない。中国側の歩平座長は「侵略戦争の責任を否定する言論に十分に警戒しながら」研究を進めたいとの抱負を語った。

 日本側には、中国の委員が自由な立場で発言できるのかどうかという疑問もある。座長をはじめ多くの委員は政府系シンクタンクに属する。学問の自由が保障されている日本と同じ土俵で議論するのは難しいかもしれない。

 とはいえ、中国も変わりつつある。胡主席は昨秋、抗日戦争における国民党の役割を評価した。共産党が歴史の一部を見直したのだ。少しずつではあるものの、従来の教条的な歴史解釈から踏みだそうとの動きはほかにも見て取れる。

 近現代史の研究対象に「戦後」が加えられたのも評価できる。侵略の歴史だけではなく、平和の道を歩んだ戦後の日本もきちんと見てもらいたい。ここで相互理解の土台を築ければ、全体の議論を深めることにもつながる。

 要は、協力してできるだけ多くの事実を重ね合わせることだ。持ち寄った事実が多いほど、的はずれの解釈が顔を出す余地は小さくなる。

 すでに両国の歴史研究者の間ではさまざまな交流や共同研究が行われ、成果は出版もされている。

 事実をして語らしむ。冷静に、実証主義の姿勢で一歩一歩進むべきだ。






他の大手新聞は既に日中歴史共同研究に関する社説を出してるんだけど、朝日だけ大幅に遅れた。最近の朝日は他の新聞の動向を見極めてからのパターンが結構多い。

んで今回の社説はあたかも朝日新聞がジャッジであるかのような第三者であるかのような論調だけど、中国側の主張の拡声器の役割を果たしてきたのは朝日新聞だからね。
お前らは当事者だから。しかも中国側の。
今更変節してもダメ。


今回の社説における「実証主義」というのは帰納法による歴史を指す。
つまり「○○という事実が見つかった。また、□□という証言も得られた。その他色々な証拠をつき合わせた結果、矛盾はない。従って△△という結論になった」という論理思考である。
日本人が通常想定する「歴史」はこのような考え方をベースにしている。

しかし、中国(及び朝鮮半島)の「歴史」は演繹的なものである。
この考え方によると「我々の歴史は△△であるべきである。したがって、○○という証言は△△を正当化できるので採用する。しかし●●という証言は△△に矛盾するので消せ」となる。

このように日本と大陸国家は同じ「歴史」という言葉を使用していても、中身は全く異なる。
本来、朝日新聞やその他のメディア・知識人等は「うちらは帰納的な歴史だけど、中国人は演繹的な歴史ですよー。だから話し合いしても噛み合いませんよー」ということを日本国民に知らせるべき役割があったのだが、それを放棄してきた。この点をキチンと説明していれば、今日のような事態には陥らなかったはず。反論をしないで放置した結果、彼らも拳を下げることが出来なくなった。

東アジアとの関係において、朝日新聞的な「優しい態度」が結局は事態を悪化させる好例。絆創膏が傷口に食い込んで化膿しそうなら早く剥がすべき。「子供が嫌がっているからそのままにしておきましょう」という態度はその場しのぎに過ぎない。しかも化膿してから「傷口は化膿しないうちに早く処置した方がいい」等と他人事のように言ってるのだから始末が悪い。
posted by 在日は犯罪者の末裔 at 00:00| Comment(22) | TrackBack(4) | 【中国】南京大虐殺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

「在日の多くは強制連行されて仕方なく日本に住んでいる」と主張する枚方市人権政策室に電話してみました

枚方市 人権政策室(072−841−1221)に電話しました。
例の人権意識調査で「在日の多くは強制連行された」という設問に関する質問です。

電話に出ていただいたのは、40〜60代くらいの男性。
話は全然噛み合わなかったのですが、口調は丁寧でした。むしろ、こっちのほうが乱暴だったかもしれません。
mu 「在日の多くは強制連行された」ということですが、どういう根拠に基づくものでしょうか
枚 色々な調査を元に判断しました
mu 具体的に
枚 聞き取り調査などですね
mu 在日に直接聞き取り調査を行ったのですか
枚 そうですね
mu いつごろですか
枚 過去に何度もやってますけど
mu 一番最近は・・・
枚 ちょ、ちょっと待ってください。一番聞きたいことは何ですか?
mu 「在日の多くは強制連行された」というのは事実か否か、ということです
枚 様々な資料から判断しました
mu しかし、近年その嘘が明らかになってますよね
枚 そうですか?
mu ええ。朴一先生も認めてますよ
枚 そうなんですか?
mu 「嫌韓流のここがデタラメ」という本で、「在日の多くが強制連行されたというのは確かに嘘だ」と認めてます
枚 え?え?何て本ですか?
mu 「嫌韓流のここがデタラメ」です
枚 テンカンリュウの・・
mu (聞き取れていないので一語一語説明)
枚 わかりました。読んでみますわ。
mu ところで、「私は在日だ」と言ったらどうします?
枚 ・・別に変わりませんね。
mu 「在日の強制連行説は嘘だ」という在日の意見は取り上げられないのですかね?
枚 そんなことはないですよ
mu でも、「強制連行された!」と騒ぐ在日の意見しか取り上げられませんよね
枚 ・・・
mu 「強制連行された」と主張しない在日は、在日と認めて貰えないんですかね
枚 ・・・
mu それこそ在日差別じゃないですか
枚 そんなことないですよ
mu 強制連行説の捏造が広まっている現状でこういう嘘を流布することは、むしろ「やっぱり在日は嘘つきだな」という認識を国民に広めているわけですが。「在日は嘘つきだ」と思われないようにするために強制連行説に異議を唱える在日はたくさんいるんですけど。
枚 そういう在日の方もいらっしゃるでしょうね
mu じゃ、そういう在日の意見も取り上げましょうよ
枚 ・・・
mu 本当は嘘だとわかってるんですよね
枚 いやいや、それはあなたの見解でしょう
mu じゃ、在日のどれくらいが強制連行なんですか?
枚 ・・・
mu 「在日の殆どが強制連行された」。これは事実ですね
枚 ・・・
mu 何で答えられないんですか
枚 「殆ど」というのは極端な話じゃないですか
mu 「殆ど」は極端ですか!!それをまさに在日が主張していたわけですが
枚 いやいやいや・・・
mu 「いやいや」じゃないですよ。そういう極端な主張を在日がしてたわけですよ
枚 アンケートに「殆ど」って書いてありますか?
mu 書いてないですよ。かっての在日がそういう主張をしていたということです。じゃ、本文を読みましょうか。「(アンケートの設問を読み上げる)・・・多いといわれています」
枚 ・・・
mu 「多い」というからには、常識的には7、8割ですよね
枚 そうですね
mu じゃ、「在日の7、8割は強制連行された者とその子孫である」。これは事実ですね
枚 (考えて)・・・・そうは言ってないですよ
mu 違うんですか!!
枚 ・・・
mu ・・・
枚 ・・・
mu もしもし?
mu そんな数値があやふやな内容を「事実」としてアンケート調査するのはおかしくないですか
枚 あなたは「事実ではない」と考えていると。私どもは事実だと考えています
mu 「在日の7、8割は強制連行された者とその子孫である」。これは事実だと。枚方市はそう考えていると。人権政策室はそう断言できますね。
枚 ・・・
mu やっぱり断言できないわけでしょう
枚 ・・・
mu そもそもね、アンケートに「・・・といわれています」なんて逃げ道を用意してあるのが卑劣ですよ。
枚 逃げ道というわけじゃないですよ
mu じゃ、「在日の7、8割は強制連行された者とその子孫である」。断言できるわけですね
枚 ・・・
mu 「在日の5割超は強制連行された者とその子孫である」。これならどうですか
枚 ・・・
mu これでも自信ないんですか!!5割ですよ、5割
枚 ・・・まあそれくらいはいるでしょうね
mu わかりました!!(言質をとったので話題を変える)ところで「強制連行」の定義なんですけど、これは縄で縛って奴隷にようにむりやりかっさらってきたってことですよね
枚 違います。強制的に本人の意思に反してつれてきたということです
mu しかし、通常は「強制連行」という言葉からはそういう状況を連想しますよ。奴隷貿易のようなものを連想します
枚 それはあなたがそう考えているというだけのことです
mu いや、多くの日本人がそう思い込んでいますよ
枚 それは解釈の違いですね
mu 徴用という制度をわざわざ強制連行で説明するのは、そういうイメージ操作を意図してのことですよ
枚 そんなことないですよ
mu じゃ、枚方市があなたに対して「○○に赴任せよ」と命令したら、強制連行と言えますか
枚 ならないですね
mu なんでですか
枚 それは組織命令じゃないですか。国家権力が命令するのとはわけが違いますよ
mu じゃ、韓国には徴兵制度があります。ある兵士に対して、「おまえは竹島に赴任せよ」と命令したら、これは強制連行といえますか
枚 いえないですね
mu そうですよね!!「いえない」ですよね!!そう思いますよね!!
枚 ・・・(多分質問の意図がわかっていない。思わず自然に答えてしまったものと思われる)
mu 韓国政府が国民に対して命令するのは強制連行ではなくて、日本政府が国民に対して命令するのは強制連行である。この違いはなんですか? 
枚 それはあなたが説明してください
mu ???いや、こちらはあなたの論理矛盾を突っ込んでるんですけど
枚 ???
mu 国家権力が国民に対して命令すると強制連行になるわけですよね。何でそれが韓国の場合には適用されないのかを問うているわけです
枚 (意味が分かった模様。自爆を理解したためか話題を変える)しかし、それまでの経緯があったわけじゃないですか
mu 経緯とは?
枚 力ずくで植民地にして・・
mu 併合ですけどね
枚 ま、併合とも言いますけど。彼らの意思に反して・・・
mu 併合でも植民地でもどっちでもいいですけど、今になってね、さも韓国人の全員が併合に反対していたかのようにいうのはおかしいですよ。もちろん、反対していた人もたくさんいましたけど、賛成していた人もたくさんいたわけです。少なくとも世論は二分されていました。
枚 ・・・
mu ちょっと時間がないので、最後にもう一度確認させてください
枚 はい
mu 「在日の少なくとも5割超は強制連行された」。これは事実ということでいいですね 
枚 何度も同じ答えをする必要はありません
mu じゃ、「在日の少なくとも5割超は強制連行の被害者とその子孫である」と。これは事実であると。わかりました。失礼します!!!あと、今回のやりとりはブログに書きますから(言質をとったので早く切る)






以上です。
在日の強制連行説については、論点が二つあります。

・「強制連行」とはなんぞや
・在日のうちどれくらいが「強制連行」なのか

在日の強制連行説の捏造を論ずるときはとかく後者に焦点が当てられがちですが、前者も非常に重要です。


今回主張したかったことは、「在日の強制連行説に加担することは在日の人権を擁護しているように見えて、実は差別に加担している」ということでした。何故ならば、在日の意見の多様性を認めていないからです。現状では、在日の中でも民潭や総連に所属して狂信的な民族主義を盲信している連中しか在日の意見として認められないわけです。これは、民潭や総連の権利を擁護することにはなっても、在日全体の権利を擁護することにはなりません。

「人権派」の知識人やジャーナリスト、朝日新聞や東京新聞のようなリベラルメディアの人権擁護意識に嫌気がさすのは、こういった構造まで考えていないからです。単純にギャーギャーうるさい在日の意見だけ取り上げていれば、人権擁護になると考えているのです。

しかし、そういった一方的な報道こそが在日に対する偏見を増長させてきたわけで、異論を唱える在日の声もキチンと取り上げていれば、今日のような「嫌韓流」現象は起きなかったはずです。

「在日は大嫌い!!」というネット上の声を聞いて「民族差別だ」と薄っぺらい批判をするバカ知識人・ジャーナリストは数多くいますが、ここにいう「在日」というのは彼ら自身が作り上げてきたステレオタイプな在日のみを対象とし、従来その存在を無視されてきた在日を含んでいないことを理解すべきです。つまり、「嫌韓」の若者の多くは、在日の意見の多様性を理解した上で、ノイジーな連中のみを嫌ってるわけです。そしてそのノイジーな在日のみを取り上げるように仕組んできたのは、民潭・朝鮮総連とそれに追随してきたマスコミなわけで、自業自得というべきか。

このような在日の多様性を認めない薄っぺらな人権派の考えは、裏返すと「在日は皆殺しにせよ」という考えと同じなわけで、一番危険なのはこいつらだと思います。



【関連エントリー】
枚方市が朝鮮人の捏造に加担 「あなたは在日が強制連行された人たちであることを知っていますか」
posted by 在日は犯罪者の末裔 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【朝鮮半島】在日による強制連行説捏造問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

カンサンジュン氏「日本は拉致問題をとやかくいうが、在日を強制連行したじゃないか」

1 犇@犇φ ★ New! 2006/12/03(日) 20:01:29 ID:???
■「拉致を非難する日本、強制徴用の話はどうしてしないのか?」

「いま日本で、北朝鮮批判は誰でもできる。幼稚園児でもできる批判を私までする必要があるか? 北朝鮮核問題や拉致問題を取り上げて無条件に北朝鮮を批判している世論を変えねばならない。在日同胞たちが過去に日本に連れて来られたことに対しては何も言わないで、冷戦時代の拉致ばかり話すというのは矛盾したことだ。

<中略>東京大の姜尚中教授(56)は、最近急変している東北アジア情勢や日本国内の北朝鮮批判世論などについて自分が抱いてきた考えを、率直に語った。11月25日、世界海外韓人貿易協会東京支部(会長:趙漢�(チョ・ハンチョル))は設立25周年記念特別講演を開催した。<中略>「東北アジアの平和と繁栄 − 在日の果たす役割とは?」という主題で講演した姜教授は、特有の穏かながらも力強い声で、東北アジアの平和、六ヵ国協議、拉致問題、太陽政策などについて1時間にわたって講演した。

「東北アジアは今、危機的状況を迎えているかのように見られているが、実は周囲の客観的状況は明らかに希望を示しており、その希望を実現させられる人こそ、ここに集まった私たちだ。」

姜教授講演の核心はこの点だった。大部分の保守知識人らが「正論」「SAPIO」「文芸春秋」など時事週刊・月刊誌で中国・韓国・北朝鮮との関係について対決的観点(the View of Versus)をけしかけるコラム・主張を書いている今、姜教授教授は「希望」を話したのだ。

姜教授は、「アメリカは過去50年余り、『朝鮮半島は休戦状態にある』という立場を固守してきたが、中間選挙以降『終戦状態と認めうる』と発言したし、既に北京では6ヵ国協議とは別個に北・米・中の3ヵ国協議が開かれた」という例を挙げ、「周囲の客観的状況が敵対的対決より平和的解決へと向かっていることを象徴的に示す事例だ」と説明したうえで、次のように付け加えた。

「しかし、最近の客観的状況が良くなっているとはいえ、全体的な状況は相変らず良くない。すぐに第2の朝鮮戦争が起きると言ってもおかしくない状況であり、このような状況は2・3年前から続いている。それなら私たちのように世界の中で暮らしている韓民族・韓人たちはどうなるか?」

すなわち姜教授は、こうした客観的状況を一層発展させてゆくために何より重要なことこそ、日本国内に暮らしている在日同胞、ニューカマーの意識改革だと力説したのだ。戦争ではなく平和、それも我々韓民族だけの平和ではなく「東北アジア共同の平和」だ。もちろんこれは、姜教授の長年のテーマでもある。<中略>

約1時間にわたった講演の後の質疑応答で、「私たちは北朝鮮にすべきことはしたが、北朝鮮は一体我々に何をしてくれたのか?」という出席者の挑戦的質問に対して姜教授は、「今や子供からお年寄りまで、北朝鮮に対する批判は誰でもできる。私までもが北朝鮮を批判する必要は無いと思う」と話を切り出した。

「金大中(キム・デジュン)前大統領の太陽政策が今日の希望的な状況をもたらした。私たちが前世紀いつも念頭に置かねばならなかった『戦争』に、『平和交流』『相互協力』といった希望的な言葉が取って代わった。」

「いま日本は、全国民が拉致を取り上げて北朝鮮を非難している。しかし私は、たとえ横田夫婦がこの場にいても言える。『冷戦時代の産物が拉致なら、過去の帝国主義の産物だった何倍も多い朝鮮人強制連行・徴用のことはどうして考えないのか』、と。」

「私は、日本の言論・世論が一方向に突き進んでいる今日の偏向性を乗り越えるために、この世論を変えねならないとずっと思ってきたし、実践してきた。今までもそうだったし、今後もそうだろう。米国の外交路線の変化によって日本の外交はたぶん変わるが、日本国内の世論を変化させるためには、まさにあなたと私、私たちが努力しなくてはならないのです。」<後略>

▽ソース:オーマイニュース(韓国語)(2006-12-01 13:20)
http://www.ohmynews.com/articleview/article_view.asp?at_code=377183






韓国ソースなので本当に言ったかどうかは分かりませんが、今だに在日の強制連行説を大々的にアピールするのは朝鮮新報と民団新聞くらい。「サイゾー」の最新号でも宮崎哲弥氏が「在日強制連行説は鄭大均氏が完全に論破した」と論壇誌以外で始めて(mumurの知る限り)明言してましたし、朴一ですら渋々嘘を認めています。こんな現状でも嘘をつき続ける理由は、前から言ってる通り在日は嘘をついてもリスクがないからです。日本の言論状況においては、在日はノーリスクハイリターンという特権を享受しているわけです。こんな特権階級は他にいないでしょう。
posted by 在日は犯罪者の末裔 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【朝鮮半島】在日による強制連行説捏造問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。