2006年12月30日

朝日新聞 「日中歴史共同研究は実証主義で行け」

 日中双方の歴史認識にある溝を埋めたい。そんな狙いで、両国の専門家による歴史共同研究が動き出した。

 大学教授や研究者ら10人ずつの委員が参加し、初会合が北京で開かれた。「近現代」と「古代・中近世」の二つの分科会で研究を進め、08年に成果をまとめる予定だ。

 この共同研究は今年10月、訪中した安倍首相が胡錦涛主席との間で年内スタートに合意した。小泉前首相の靖国神社参拝で極端に悪化してしまった日中関係を修復するため、「歴史の問題は専門家に委ねよう」という発想だ。

 日本側座長の北岡伸一東大教授は「政治が本来の課題に集中できるよう、一助になれば幸いだ」と話している。建設的な成果が生まれるよう期待する。

 両国の間でとりわけ認識が対立するのは、日本の侵略戦争をめぐる歴史だ。例えば南京大虐殺について、中国側は犠牲者の数を「30万人」とし、日本軍による残虐行為の象徴的な事件と見る。だが、日本側には20万人説や数万人説などさまざまな見方がある。

 事実を誇張して日本批判に政治利用しているのではないか、といった反発が日本でくすぶり続ける。一方で中国では、日本の責任逃れは許さない、歴史を直視せよと批判が盛り上がる。

 日中戦争全体の犠牲者数や盧溝橋事件の原因、従軍慰安婦問題などをめぐる対立でも、同じような不信の構図がある。

 こうした相互不信を少しでも取り除くため、もとになる歴史的な事実を専門家同士で確認していこうというわけだ。

 もとより容易な作業ではない。中国側の歩平座長は「侵略戦争の責任を否定する言論に十分に警戒しながら」研究を進めたいとの抱負を語った。

 日本側には、中国の委員が自由な立場で発言できるのかどうかという疑問もある。座長をはじめ多くの委員は政府系シンクタンクに属する。学問の自由が保障されている日本と同じ土俵で議論するのは難しいかもしれない。

 とはいえ、中国も変わりつつある。胡主席は昨秋、抗日戦争における国民党の役割を評価した。共産党が歴史の一部を見直したのだ。少しずつではあるものの、従来の教条的な歴史解釈から踏みだそうとの動きはほかにも見て取れる。

 近現代史の研究対象に「戦後」が加えられたのも評価できる。侵略の歴史だけではなく、平和の道を歩んだ戦後の日本もきちんと見てもらいたい。ここで相互理解の土台を築ければ、全体の議論を深めることにもつながる。

 要は、協力してできるだけ多くの事実を重ね合わせることだ。持ち寄った事実が多いほど、的はずれの解釈が顔を出す余地は小さくなる。

 すでに両国の歴史研究者の間ではさまざまな交流や共同研究が行われ、成果は出版もされている。

 事実をして語らしむ。冷静に、実証主義の姿勢で一歩一歩進むべきだ。






他の大手新聞は既に日中歴史共同研究に関する社説を出してるんだけど、朝日だけ大幅に遅れた。最近の朝日は他の新聞の動向を見極めてからのパターンが結構多い。

んで今回の社説はあたかも朝日新聞がジャッジであるかのような第三者であるかのような論調だけど、中国側の主張の拡声器の役割を果たしてきたのは朝日新聞だからね。
お前らは当事者だから。しかも中国側の。
今更変節してもダメ。


今回の社説における「実証主義」というのは帰納法による歴史を指す。
つまり「○○という事実が見つかった。また、□□という証言も得られた。その他色々な証拠をつき合わせた結果、矛盾はない。従って△△という結論になった」という論理思考である。
日本人が通常想定する「歴史」はこのような考え方をベースにしている。

しかし、中国(及び朝鮮半島)の「歴史」は演繹的なものである。
この考え方によると「我々の歴史は△△であるべきである。したがって、○○という証言は△△を正当化できるので採用する。しかし●●という証言は△△に矛盾するので消せ」となる。

このように日本と大陸国家は同じ「歴史」という言葉を使用していても、中身は全く異なる。
本来、朝日新聞やその他のメディア・知識人等は「うちらは帰納的な歴史だけど、中国人は演繹的な歴史ですよー。だから話し合いしても噛み合いませんよー」ということを日本国民に知らせるべき役割があったのだが、それを放棄してきた。この点をキチンと説明していれば、今日のような事態には陥らなかったはず。反論をしないで放置した結果、彼らも拳を下げることが出来なくなった。

東アジアとの関係において、朝日新聞的な「優しい態度」が結局は事態を悪化させる好例。絆創膏が傷口に食い込んで化膿しそうなら早く剥がすべき。「子供が嫌がっているからそのままにしておきましょう」という態度はその場しのぎに過ぎない。しかも化膿してから「傷口は化膿しないうちに早く処置した方がいい」等と他人事のように言ってるのだから始末が悪い。
posted by 在日は犯罪者の末裔 at 00:00| Comment(22) | TrackBack(4) | 【中国】南京大虐殺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。